カートをみる マイページ ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

KONA 3G Mac/PC対応 (AJA)

KONA 3Gは、10bit非圧縮対応の3G/HD/SD SDI入出力に加え、民生用3Dディスプレイでの
S3Dモニタリングを可能にする、最新のHDMI 1.4a出力、8チャンネルのAESデジタルオーディオ
(オプションのK3G-Boxを使用した場合は16チャンネル)と16チャンネルのSDIエンベデッド
オーディオなどの豊富な入出力端子を装備。さらに、SD、HD、Dual Link HDと2Kにも対応。
10bitハードウェアベースのアップ/ダウン/クロスコンバータとダウンストリームキーヤーも搭載しました

KONA 3G Mac/PC対応 (AJA)

定価:
303,480円(税込)
価格:

294,400円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

付属ケーブル
KONA 3G ケーブル
KONA 3G ブレイクアウトケーブル
HDMIケーブル

主な特徴
  • 2系統の3G/HD/SD-SDI入出力
  • 3D制作のためのHDMI 1.4a出力
  • HD/SDアナログコンポーネント出力、コンポジット出力、Y/Cアナログ出力
  • 16ch. SDIエンベデットオーディオ入出力
  • 最大16チャンネルAESデジタルオーディオ入出力(オプションK3G-Box使用時、ブレイクアウトケーブル使用時は8ch.まで)
  • ビデオリファレンス入力
  • LTC入出力
  • マスター/スレーブ設定が可能なRS422コントロール
  • 放送品質の10bit ハードウェアアップ/ダウン/クロスコンバージョン搭載
  • ハードウェアキーヤを内蔵
  • 2Kビデオフォーマットサポート
  • オプション:K3G-Box使用可能
  • 3年間のハードウェア保証
  • 90日間スタートアップサポート付属
以下、K3G-Box(オプション)使用時、拡張される機能
  • ビデオリファレンス出力:アクティブループ出力
  • L/Rアナログオーディオモニタ出力
  • 8ch. シングルエンベデッド(75Ohm BNC)AESデジタルオーディオ入出力(計 16ch.)

放送品質のコンバータ
KONA 3Gは、10bit処理で放送品質、動き適応型のアップ/ダウン/クロスコンバージョン、HD/SD自動認識の12bitのアナログコンポーネント出力を 搭載しています。すべてのコンバージョン機能はハードウェアベースで動作し、インジェスト、プレイバック時にも絶えず動作させることが可能です。KONA 3Gは、720p 23.98を1080PsF 23.98へというようなクロスコンバージョンも可能です。この機能によって、HDのマルチフォーマット素材が混在する日々の送出用コンテンツ制作をリアルタイムに、真の高画質で効率化することを可能にします。

強力なHD/SDハードウェアダウンストリームキーヤを内蔵
KONA 3Gは、ビデオ入力、設定可能なマット色、もしくはフレームバッファ(Kona TV/Final Cut Pro)に、アルファチャンネル付きの静止画を合成して出力することが可能です。例えば、アルファチャンネル付きのQuickTime(フライングロゴなど) をKONA TVに読み込み、ビデオ入力の映像と合成できます。またKONA 3Gは、2系統の出力からFill/Key信号をそれぞれ出力することができるため、AJAがユーザに無償で提供しているAdobe用のプラグインを使用し て、スイッチャやルータと組み合わせたライブ対応のテロップシステムを構築することもできます。

コネクティビティ
KONA3Gは、2系統の3G/HD/SD-SDI入出力、HDMI 1.4aモニタリング出力、LTC入出力、Genlock入力、設定可能なHD/SDアナログ映像出力(BNC x3)を備えています。 また、RS-422マシンコントロールのための9pinコネクタも含まれています。DigitalBetacam、DVCPRO50、HDCAM、 DVCPRO HD、D5またはHDCAM SR VTR、その他様々なプロフェッショナル機器に対応した接続性を備えています。

DUAL LINK HDサポート
KONA 3GはDual Link 4:4:4 HD-SDIをサポートしており、1080i/1080p/1080PsF/720pの各フォーマットでフル帯域幅の4:4:4 RGBに対応しています。また、Single Link HD-SDI出力用に4:4:4、4:2:2間での変換も可能です。

2Kサポート
Machintosh環境においてKONA 3Gは、2KデータをHSDL(High Speed Data Link)から取り込み、同時にAJA VTR Xchangeアプリケーションを使用して2K DPXファイルと2K QuickTimeリファレンスムービーを生成することができます。またAJA DPXToQT Translatorアプリケーションを使用して、既存の2Kマテリアル(DPX連番ファイルまたはCineonファイル等)をQuickTimeベースのアプリケーションで編集可能なQuickTimeファイルを作成することができます。REDのプロキシファイルやトランスコードされたマテリアルは、2K解像度でサポートされます。

Windows環境においてKONA 3Gは、2K DPX、QuickTime、Cineon、AVI、TGA、TIFFまたはBMPファイルを作成することができるため、2Kテレシネにおける時間節約と作業効率を高めます。KONA 3Gを搭載したPCは、編集、合成環境が必要とするファイルフォーマットでダイレクトに取り込むことが可能です。これらのファイルはHSDL(High Speed Data Link)を通しての出力が可能で、現存する2K対応製品や、今後の2Kマーケットとの強力なシナジーを提供します。

さらにKONA 3Gは、クロップ機能を選択してHD 1080PsFに対応したビデオモニターに2Kファイルを映し出すことができます。これにより、2K素材のモニタリング環境を安価に整えることが可能にな ります。さらに1080 HDからSDへのリアルダウンコンバートも可能なため、2K DIパイプラインとしてマルチフォーマット出力に強力なソリューションを提供します。

オーディオ
KONA 3Gは、XLR(バランスド)接続でデジタルオーディオミキサーまたはDAWを通して、8ch. 24bit 48kHz/96kHzのAESオーディオで出力できます。AES入力時の高品質なサンプルレートコンバータも搭載しているため、オーディオソースの同期 に気を遣う必要はありません。また、マルチチャンネルオーディオマスタリング向けの16ch. SDIエンベデッド24bit 48kHz オーディオにも対応しています。


KONA 3G 仕様
ビデオ入力 デュアルレート(SDまたはHD)
3Gb/HD/SD-SDI、 SMPTE-259/292/296/424、10bit
- Single Link 4:2:2
- Dual-link HD 4:4:4
- 2K HSDL(High Speed Data Link)4:4:4
1D LUTサポート
対応ビデオフォーマット 480i 29.97(PC)
525i 23.98(インターメディエイトフォーマットのみ)
525i 29.97
625i 25
720P 23.98(インターメディエイトフォーマットのみ)
720p 24/25/29.97/30(PC)
720P 50/59.94/60
1080i 25/29.97/30
1080PsF 23.98/24
1080PsF 25/29.97/30(PC)
1080p 23.98(PC)
1080P 24/25/29.97/30/50/59.94/60
2048 x 1080P 23.98/24
2048 x 1080PsF 23.98/24
2048 x 1556p 15(PC)
2048 x 1556PsF 14.98/15(HSDLデータレート)
2048 x 1556psf 23.98/24(再生レート)
ビデオ出力 デジタル:
- 3Gb/HD/SD-SDI、SMPTE、259/292/296/424
- Dual-link HD 4:4:4および2K HSDL 4:4:4
- HDMI v1.4、30/36 bit/pixel、RGBまたはYUV、2.25Gbps
アナログ:
- SDおよびHD Output、12bit、BNC
- HD:YPbPr、RGB
- SD:YPbPr、RGB(コンポーネントモード)
- コンポジット+S端子(コンポジットモード)
ダウンストリームキーヤ アルファチャンネル付き画像をフレームバッファもしくはマットカラーに合成、
またはフレームバッファをビデオ入力もしくはマットカラーに合成
オーディオ 24bit SDIエンベデッド・オーディオ、16ch、48kHz
24bit AESオーディオ、8ch、オプションのK3G-BOX使用時16ch、96kHzまたは48kHz
24/16bit利用可能
アップコンバート 10bitハードウェア処理
アスペクト変換モード:
[Anamorphic] フルスクリーン
[Pillar box 4:3] 画面中央に4:3のまま表示(左右に黒み)
[Zoom 14:9] 4:3イメージを14:9にズーム表示(左右に黒み)
[Zoom Letterbox] 拡大して全画面表示
[Zoom Wide] ズームと水平方向のストレッチによって16:9表示
(この設定はアスペクトの変化を抑えるためのものです)
ダウンコンバート 10bit ハードウェア処理
[Anamorphic] フルスクリーン
[Letterbox] 16:9表示(上下に黒み)
[Crop] 左右がクロップされます
クロスコンバート
10bitハードウェア処理
1080i→720P
720P→1080i
720P→1080Psf
SD→SD アスペクト変換
[Letterbox] SDアナモフィックをレターボックスに変換
[H Crop] SDアナモフィックを水平方向に引き延ばし、上下をクロップします
[SD Pillarbox] 4:3イメージを16:9のセンターに配置し、左右に黒みを入れます
[V Crop] SDレターボックスをSDアナモフィックに変換します
ルックアップテーブル リアルタイム・プライマリLUTおよび、テキストベースのLUTファイル入出力に対応
リファレンス入力 BB(1V)または3値シンク(2または4V)
K3G-BOX(オプション):ターミネート無し、ループスルー
ブレイクアウトケーブル:75Ωターミネート
LTC入出力
BNC ×2
マシンコントロール RS-422、 Sony 9-pinプロトコル


*詳しくはこちらで御確認下さい。

ページトップへ